出典: ドッグサロン・Chi*coeur

 

今話題となっている愛犬のためのハーブパック

我が子のように犬を可愛がっている方たちにとって、臭いが気にならなくなったり、

健康にも良かったりというメリットが評判で急速に認知度が上がってきています。

いい事ずくめのハーブパックに思えますが、

自分の愛犬にするのは初めて!といった方にとっては少し不安もありますよね。

実際に注意すべき点などはあるのでしょうか。

 

今回はそんな犬のためのハーブパックの効果や、気になる危険性についてもまとめてみました。

 

スポンサーリンク

犬のハーブパックの効果・メリットとは?

herbpack_benefits_pic

出典: http://dogsalon-puff.info/files/medias/img/herb_p_ex02.jpg

 1. 毛玉・静電気防止

ハーブの成分による1つ目の効果は静電気を防止することで紫外線から皮膚を守ったり、汚れを付きにくくすることができるそうです。

また、毛のもつれ防止にもつながり毛玉ができにくいというメリットもあります。

2. 綿毛のような手触り

ハーブパックは毛を根元から立たせるので、

カットしてもすぐに崩れることなくフワフワな状態をキープできるのだとか。

3. フケ・臭い・かゆみ

こちらもハーブの成分によって得られる効果で、

気になる臭いも落とすことができます。 愛犬といつでも寄り添っていられそうですね。

4. 健康な皮膚・被毛

4つ目は犬の傷んだ毛を修復する効果です。

ハリやなめらかさのアップ、皮膚トラブル防止につながるそうです。

5. 口に入っても問題なく安心

最後にハーブパックのメリットの1つとして考えられるのは、犬に対する安全性です。

ワンちゃんが舐めてしまっても問題ないので顔全体にもハーブパックを施すことができますね。

 

スポンサーリンク

危険性はないの?専門家による声は?

 

 

基本的にハーブパックは犬にとって安全ということになっています。

調べて見た結果、皮膚炎が治ったなどの効果も報告されているくらい皮膚状況の改善も期待できそうですね!!

 

ただ、1つ気になる情報も発見しました。

 

それは、アレルギーが考えられること。

犬も花粉症になるということが分かっているくらいデリケートな問題で、

植物アレルギーがある犬の場合は、痒みや炎症となって症状が現れるそうです。

 

また、少し話がそれてしまいますが、愛犬と一緒に楽しんでいる人もいるというハーブティ。

専門家の方によると実は、犬にとってはヨモギが危険だそうで、誤って犬が口に入れてしまうと下痢などの症状が出るのだそう。

このように、犬に与えてよい植物については以外と判断が難しいみたいですね。

 

しかし、ハーブパックに関しては、パッチテストなどで予め確認できるため、

犬専門のサロンで確認してみることが可能です。

 

気になるという方は、まずワンちゃんパッチテストを受けさせてあげたら安心ですね!

 

また、自宅でできる犬のハーブパックもあるみたいですが、まずは犬専用のサロンで受けるのがオススメされています。

やはり、専用のサロンであればハーブパックが口に入っても安全だということが確認されているものしか使ってないでしょうからね。

愛犬のためにもハーブパックをする際には、

まずワンちゃんのことを気にして安全な方法を取ってあげるのが一番ということでした。

 まとめ

いかがだったでしょうか。今回は今話題の犬用ハーブパックについて、

その効果と危険性などを調べてみました。

 

結果としては、ハーブパックは非常に安全で

犬にとっても健康な皮膚状態を保つのに効果があるということが分かりました。

ただ、アレルギーについては注意で、心配であれば専門サロンでパッチテストを受けることが大切のようです。

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク
シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。