近年色々な働き方がある中、ドローンを使ったビジネスも増えてきているようです。

松崎謙一さんという方がいらっしゃいます。

2017年の4月に起業し、ドローンパイロットとしてビジネスをされています。

松崎謙一さんがドローンに目覚めたきっかけは、息子さんへプレゼントとして買ったおもちゃのドローンに

自分がドハマリしてしまったことだそうです。

松崎謙一さんとはどんな方なのか、

そして、まだあまり知られていないドローンパイロットの世界とはどういったものなのか、

といったことを調べてまとめています。

スポンサーリンク

松崎謙一(ドローンパイロット)の経歴や嫁は?

Matsuzaki_prof_pic

出典: https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3101/2319425/index.html

  • 本名:松崎謙一(まつざき けんいち)
  • 年齢:28歳 (2017年現在時点)
  • 職業:ドローンパイロット(操縦士)・FREEPERSON代表
  • 出身: 香川県高松市

松崎謙一さんは、ドローンという新しいツールを使っての事業で地域産業や社会に貢献するビジネスを展開していくという理念の基、起業され香川県を中心に活躍されている方です。

すでにご結婚もされていて、「まき」さんというお嫁さんとの間にお子さんもいらっしゃいます。

先程もありましたが、息子さんへのプレゼントとして買ったドローンのおもちゃが、起業をするきっかけになったそうです。

農薬散布を始め、車の走行シーン撮影や、ダムの壁面点検など、色々なビジネスシーンにおいて人の手が届かない場所へ目の代わりとなるドローンを操縦することで価値を提供している松崎さん。

今後も需要は増えていきそうですね。

スポンサーリンク

松崎謙一さん(ドローパイロット)の仕事、農薬散布って儲かるの?

Matsuzai_nouyakusanpu

 

松崎謙一さんが起業したというドローンを使ったビジネスの業界、

気になる受注料金や年収などはどうなっているのでしょうか。

業界トップに位置する方であれば、年収1億円と言われている人もいるようですが、

これはあくまでもほんの一握りの方たち。

一般的な車が走行しているシーンを写す、空撮ドローン操縦士で約350万円~640万円といわれているそうです。

松崎謙一さんが事業として、最初に行っていると言われいる、農薬散布ドローン操縦士の相場は約320万円~510万円程度なのだとか。

ドローンの世界市場規模が5年後に約2兆3000億円になるのではないかという専門家の意見もあり、その新しい市場に魅力を感じる方も多いかもしれません。

ですが、ビジネスとしてやっていくには、まだまだ発展途上にあり需要件数がとてつもなく多いものでもないようです。

それでも、農家の方たちにとっては、農薬散布のために重労働である散布用のホース引きをしなくてよくなったことや、

ドローンのおかげで、時間的にも余裕ができたといった喜びの声があがっているそうです。

これはまさに松崎謙一さんが目指しているドローンを使っての地域産業貢献に繋がる事業ですね。

まとめ

Matsuzaki_drone_pilot_pic

 

最近注目を集めているドローンを使ったビジネスで起業をした松崎謙一さん。

近年では働き方も自由度がかなり上がってきて、趣味を仕事に繋げていく方も多くなってきています。

松崎謙一さんの場合はお子さんへのプレゼントがドローン事業への目覚めだったようですが、

若い年代の人が新しい分野で成功していくことによって後に続く夢を追いかける世代にも希望を与える存在になっていってほしいですね。

自分の情熱を地域貢献と絡めて活躍されている松崎謙一さん。これからの活躍に期待です。

スポンサーリンク
シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。