Aina_first_pic

出典: Twitter

 

「楽器を持たないパンクバンド」をキャッチコピーとして

今急激に注目を浴び始めている女性アイドルグループ「BiSH」

その中でも、1番人気ではないかといわれているのがアイナ・ジ・エンド (飯谷愛菜)さんです。

特にアイナジエンドさんのハスキーな歌声や声量は他のアーティストからも絶賛されているのだそう。

BiSHの初バラード「Life is beautiful」(限定公開ver.)はこちらからどうぞ

 

まだあまり詳しいことが知られていないグループではあると思うのですが、

アイナジエンドにはダウン症の噂や、過去に手術を受けたことがあるといった情報がネットで上がっています。

今回はそんなアイナジエンドさんの噂や今後注目のグループ「BiSH」について紹介します。

 

Aina_prof_pic

出典: Twitter

  • アイナ・ジ・エンド (本名: 飯谷愛菜)
  • 生年月日: 1994年12月27日
  • 出身地: 大阪府豊中市
  • 身長: 159cm
  • 所属グループ: BiSH
  • 活動期間 2014年 –
  • 所属事務所: WACK
スポンサーリンク

アイナジエンドがいる「BiSH」ってどんなアイドルグループ?

BiSH_prof_pic

 

「BiSH」は元々「BiS」というアイドルグループが起源となっているそうです。

渡辺淳之介さんという音楽プロデューサーによってスタートし、どちらかと言えば炎上商法的で物議を醸すようなプロモーションをしていたアイドルグループだったみたいですね。

ファンから惜しまれつつも2014年解散が報告されていました。

しかし、2015年1月、かつてBiSを手がけた渡辺淳之介さんが「BiSのようなことをもう一度始める」と宣言!

そして、名前を「BiSH」に変えて再スタートを切ったのが始まりだそうです。

 

「BiSH」の活動についてですが、2016年にavex からメジャーデビューすると、

同年5月にはメジャー1stシングル「DEADMAN」をリリース

 

その後もフェスでの公演やコンサート活動を通じて一気に人気を獲得していきます。

よく行っているゲリラライブもBiSHの人気な活動の1つですね!

 

そんな矢先、2016年の12月にアイナジエンドさんが手術のため一時活動休止を発表してしまうのです。

一体何があったのでしょうか。

アイナジエンドさんの噂なども含めて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

BiSH アイナジエンドはダウン症なの?過去には手術も受けていた!

Aina_face_pic

(アイナ・ジ・エンドさんのアーティストフォト)

 

まず、アイナジエンドさんについて調べているとダウン症というキーワードが挙がってきますが、

おそらくこの情報はデマだと思われます

アーティストフォトに使われている写真などが少し奇抜で、ダウン症などの噂になったのか、

この後のアイナジエンドの手術の話が関係あるのかは定かでないですがきちんとした情報は見つからなかったですね。

 

ですが、先程も触れたように2016年にある手術を受けます。

その手術とは声帯結節の手術です!

この声帯結節とは声帯に生じる炎症性のコブのようなもので、声がかれたりするのが主な症状みたいですね。

アイナさんの場合は、声がカラカラになったり、音程の調整が難しくなったそうです。

「BiSH」としての活動も順調だったため、本人は病院で処方されてたお薬を飲んだりしてまで、

メンバーに平静を装いながら活動を続けていたそうですが、

副作用も出ていたので、今後の活動のことを考えて声帯結節の手術を受ける決心したとのことです。

アイナさんの手術は無事成功し、練習も2週間後くらいから再開していったそうです。

今乗りに乗っている「BiSH」ですので、体調や喉には気をつけながら活躍していってほしいですね。

まとめ

Aina_singing_pic

 

今回は人気急上昇中の人気アイドルグループ、「BiSH」のアイナ・ジ・エンドさんについて、

検索で出てくるダウン症のキーワードや声帯結節の手術について調べてみました。

 

ダウン症についてはほとんど情報はなく関係ないと思いますが、

アイナジエンドさんは過去に声帯結節の手術で一時活動休止されていたことが分かりました。

今では人気音楽番組、「ミュージックステーション」に主演するまでに人気が高まった「BiSH」!

 

BiSHの初バラード「Life is beautiful」(限定公開ver.)はこちらからどうぞ

 

 

今後さらなる躍進が期待されるアイドルグループですので、応援して一緒に盛り上がっていきたいですね。

スポンサーリンク
シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。