田中力のバスケの実力がすごい!NBA選手から将来に期待の声も!?

Tanaka Picture

出典: japanbasketball.jp

  • 名前: 田中 力 (たなか ちから)
  • 生年月日:  2002年5月04日
  • 身長: 186cm
  • 神奈川県横須賀市立諏訪小学校 → 横須賀市立坂本中学校
  • 中学3年生にして史上最年少日本代表選出
スポンサーリンク

生い立ちや性格は?

父親がアメリカ人、母は日本人という家庭に生まれた田中力くん。

友達に誘われたことがきっかけとなり、小4でバスケットを始めたそうです。

小学校、中学校ともに神奈川県横須賀市にある学校に通っていますので、

横須賀市が彼の地元ということになるんでしょうね。

まだ中学3年生で15歳という田中力くんですが、どんな性格なのでしょうか。。。

彼の性格がすこし垣間見えたテレビのインタビューがありましたのでコメントを以下に載せています。

 

全日本代表入りしたことについて、

最初はよっしゃー!ってなったんですけど、あとあと考えるとプロばっかじゃんってなって。。。

(でも) バスケットは年じゃないっていうのを見せたいです。

と語っています。

その受け答えにはあどけなさが少し残っていますが、堂々としていてすでに頼もしい感じもしますね。

このインタービューが発端かは分かりませんが、一部では生意気なのでは?との噂もあります。

ですが、個人的にはスポーツをする上で自信はとても大切だと思うので、代表でもその強気な姿勢で年上の選手にどんどんで向かっていってほしいです。

 中学時代の実績は?

 

田中力選手の自信に満ちた表情は、彼の今までの実績が物語っています。

NBAグローバルアカデミーという世界最高のバスケットボールリーグ組織が運営する施設に招待されたり (選出は1年間に世界のトップ選手12名のみ)、

中学時代の1試合に上げた最高得点はなんと85点!だったりと、驚異的な数字を残しています。

どんな試合内容だったんですかね。。。

自分が対戦相手だったら悲しい気持ちになるというより、ただただ賞賛の眼差しで見入ってしまいそうです。

スポンサーリンク

 プロバスケットボール選手との交流

そんな田中力選手ですが、すでに国内外のプロバスケットボール選手にその将来を期されているようです。

自信のツイッターにもアップしていますが、カイリー・アービングという世界最高峰のバスケットボールリーグ (NBA) を代表する選手に褒められたことを喜んでいたみたいです。

(これも特別に招待された選手のみが出場を許されたナイキ主催イベント、『CLUTCH BUCKET 東京』での一コマです。)

 

 

それだけにとどまりません!

他にも日本人として最高級ポイントガードである富樫勇樹選手もそんな田中選手に期待を寄せている1人のようですね。

 

将来の夢はNBA選手という田中力くん。今後の進路についてはすでに海外へ出てNBAを目指す噂や期待の声もあがっていますが、どうなのでしょう。

まずは本人が気合を入れて取り組みたい様子だった、バスケットボールWカップ代表戦に向けて一生懸命なのではないでしょうか。

なにはともあれまだ15歳の中学生!

これからさらに成長していって、バスケ界をどんどん盛り上げてほしいですね。

スポンサーリンク
シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。