Tabikaeru01_pic

 

中国で大ヒットしている「旅かえる」という人気アプリがあります。

ゲームの内容は至ってシンプル。

カエルが旅をしたり自宅に戻ってきたりする、ほとんど放置に近いようなゲームアプリです。

 

このゲームが中国の無料ゲームアプリランキングでは一番の人気となっており、AppStore全体でのダウンロード数は1000万を超えているそうです。

しかもゲームをダウンロードしている地域別で見てみると、日本語のアプリであるにもかかわらず、

中国が95%!

日本はおよそ2%だそうです。

今後日本でも大ヒットとなるのかは分かりませんが、

面白いのはユーザー側は、カエルの旅の支度をし、そのカエルが旅から帰ってくるのを待っていることくらいしか、することはありません。

しかもカエルは本当に帰ってこない。。。笑

一日中帰ってこないこともあれば、帰ってきた後すぐにまた旅に出かけ、ユーザーとすれ違いになることも多いのです。

 

今回はそんな、人気ゲームアプリ「旅かえる」でカエルが帰ってこない時の対処法や、攻略法について調査してみました。

スポンサーリンク

【旅かえる】カエルは帰ってこないのが当たり前?対処法はあるのか?

 

Tabikaeru02_pic

 

「旅かえる」というゲームアプリでは、

ユーザーは旅好きのカエルを旅に送り出し、カエルの帰りを待つというかなりシンプルなゲームです。

ユーザーはほとんどすることがないのですが、「おべんとう」・「おまもり」・「どうぐ」を購入し、

カエルのために準備してあげることができます。

 

そして、カエルのためのアイテムを購入するためにはクローバーが必要です。

クローバーは庭先に定期的に生えてくるので、これがお金の代わりのようになっているのですね。

 

そのクローバーでアイテムを購入し、カエルの旅の準備をしてあげる、その後は帰りを待つのみです。。。笑

 

かえるは好きなタイミングで旅行をして、旅先から写真を送ってくれたりしますが、いつ帰ってくるのかは本当にランダムで分かりません。

 

ゲームの説明では、準備してあげたアイテムによって、旅先に影響が出るということなので、

ちょっと豪華なお弁当を持たせてあげると遠くまで行ってしまうなんてことも。。。

ゲームにしては珍しい感じもしますが、数日帰って来ないこともザラのようなので、気長に待つしかないようです。

それもこのゲームの醍醐味と言えるでしょう。

スポンサーリンク

【旅かえる】攻略法やカエルの旅先を調査

Tabikaeru04_pic

 

旅かえるの旅行先はどこなのか、色々気になって調べてみると、

都道府県別に有名な観光地を旅しているケースが多いようです。

(時にはカフェとだけ書かれた場所もあり当てはまらないケースも多いです。)

 

Tabikaeru06_pic

 

 

名古屋城や、京都府の宇治橋など。。。

もちろんこの他にもたくさんの場所が用意されていて、カエルから送られている写真でほっこりできるような仕組みになっているようです。

 

ネタバレになってしまうので、ここではこれ以上書きませんが、ぜひ実際にプレイして、

カエルの帰りを気長に待ちながら写真のコレクションを作ってみてはいかがでしょうか。

 

また、カエルが帰ってくるときにはお土産を持って帰ってきてくれることもあります。

 

Tabikaeru03_pic

 

そして帰って来ても行動は自由。

何か手紙らしきものを書いていたり、本を読んでいたり、なにかをナイフのようなもので削っていることもありますが、

今後いつ旅に出るのかはやっぱりわかりません。

 

ある意味画期的なゲームですね。

 

まとめ

Tabikaeru05_pic

ここでは、中国で大ヒットしている「旅かえる」という人気アプリについて紹介してみました。

カエルが帰ってこない時の対処法などについて調べてみましたが、

結果的にには気長に待つ以外方法はないようです。。。

 

 

アプリを起動してもカエルが帰って来て、旅立った後だったりすることもあるので、

ユーザーにとってはカエルを見るたびに安心したりもします。

 

こういった「我が子が旅をしている親の気分」が大ヒットの要因なのかもしれませんね。

中国では、「子供の頃に動物を飼っていた感覚と似ている」、「日本の観光地の画像が良い」、「子供を育てる感じ」といった声が上がっているそうです。

 

今後日本でも大ヒットとなるのか、注目のアプリですね。

 

スポンサーリンク
シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。