Same_Mori08_pic

 

人気番組であるTOKIOの鉄腕ダッシュにおいて、

メンバーがサメの歯を使って作った銛(もり)が話題になっています。

銛を使って実際にエイやタコを釣り上げるという今まで誰もしなかった事が、

実験考古学的にも価値があると評価され、最終的に神奈川県の横浜市歴史博物館へ展示されることとなりました。

アイドルの枠を超えて活躍するTOKIOに賞賛の声が上がっているようです。

ここでは、「鉄腕ダッシュ」内の企画においてどのように銛を作ることになったのか。

そして、そのサメの歯で作った銛が博物館へ展示されることとなった経緯について、

視聴者の声などとともにまとめて紹介します。

スポンサーリンク

【TOKIO】サメの歯で銛(もり)を作ることになった経緯は?

Same_Mori03_pic

Same_Mori04_pic

TOKIOが自給自足の生活を実践し、人気を博している「鉄腕ダッシュ」において、

昨年の放送で「荷物が届いてます」とスタッフが手渡したダンボール箱にはきれいな「サメの歯の骨」が。。。

 

このサメの歯は、以前2人が東京湾で釣り上げた、3メートルにもなるヨシキリザメの歯だったそうです。

贈り物であるサメの歯には「城島様 山口様 歯だけ余ったので何かに使ってください」というメッセージが添えられており、

その送り主はサメのを釣り上げる時にお世話になった船長だということが判明。

その鮫の歯を有効に利用するために、山口達也さんと城島リーダーは銛(もり)を作ることになったのでした。

Same_Mori01_pic

 

そして作成されることとなったサメの歯を使った銛ですが、

今後驚くべき展開へと進んでいくことになります。

 

スポンサーリンク

【TOKIO】サメの歯で作った銛(もり)が横浜市歴史博物館展示へ

Same_Mori05_pic

そして実際に銛を作り獲物を捕獲することに挑戦したTOKIOのメンバーは、

実際に、フグやエイ、タコといった生物を捕獲することに成功します。

 

Same_Mori06_pic

 

Same_Mori07_pic

 

縄文時代に使われていた銛を再現し、完成した銛で獲物を獲る事に成功したTOKIOですが、

思わぬところから声が掛かることになります。

 

Same_Mori10_pic

Same_Mori09_pic

 

それが横浜市歴史博物館でした。

鉄腕ダッシュの番組内の説明によると、

横浜市歴史博物館から番組宛てに以来の手紙が届いたとのこと。

 

その内容は、縄文時代の銛(もり)で初めて獲物を捕らえたという話を聞いて、

実際に使用した銛を博物館に展示したいというオファーでした。

Same_Mori02_pic

そして、博物館に展示されることとなったサメの歯を使用した銛。

視聴者からは歴史的なことだという大きな反響が寄せられることとなったのです。

Same_Mori08_pic

 

まとめ

今回はTOKIOが作った縄文時代の銛(もり)についてまとめて見ました。

幻のサメなどをはじめ、希少生物を発見しまくったりして、名前を残し続けているアイドルグループですが、

今回のサメの歯の銛の件で、また一つTOKIOの名前が歴史に刻まれたようです。

スポンサーリンク
シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。