プロ野球界のご意見番として活躍されている野球評論家の野村克也さんですが、

かつてプロ野球史上最高と言った人物が伊藤智仁さんです。

野村監督は天才と言われている伊藤投手の実力に惚れ込み、酷使して「俺が潰した」と過去のことを謝罪するなど、

伊藤さんの現役当時の驚くべき活躍が注目されています。

メディアでは消えた天才Iとして紹介されました、この伊藤智仁さんはどんな選手で、今現在どんなことをされているのか調べてみました。

ItoTomohito_prof_pic

出典: http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/a/b/1140/img_ab1baf64c060d7f0d1f5a06ba2bb6877149575.jpg

 

  • 名前: 伊藤智仁 (いとう ともひと)
  • 生年月日: 1970年10月30日
  • 出身地: 京都府
  • 高校: 花園高等学校
  • 身長: 183cm
  • ポジション: 投手、投手コーチ
スポンサーリンク

伊藤智仁と名将・野村克也の関係とは?ヤクルト時代の成績がすごい!

 

野村克也監督だけでなく当時ヤクルトでチームメイトだった、古田敦也捕手にもその天才ぶりは認められていた伊藤智仁さん、野村克也とはどんな関係だったのでしょうか。

 

1993年にドラフト1位でヤクルトに入団した伊藤投手。

この年のドラフトの目玉は松井秀樹選手でスカウトや球団が獲得に動いていたようですが、

それを覆してまで伊藤さんにこだわって1位指名したそうです。

ItoTohohito_pic

野村監督が伊藤智仁さんをどれだけ投手として好きだったかは、その起用を見ればすぐに分かります。

伊藤投手を獲得した1993年の6月、伊藤投手は「神だった」と言われるほど躍動しました。

その記録を見ると、全てが完投。延長戦もあります。

ItoTomohito2_pic

6月27日の対阪神戦

この後の6月27日の試合では、186球を投げきり、その2週間後に故障者入りをしてしまい、マウンドから姿を消してしまいます。

ItoTomohito5_pic

しかし、この年わずか3ヶ月の活躍であったにもかかわらず、 7勝2敗、防御率0.91の記録を残し、 新人賞を獲得!

ファンに強烈な印象を焼き付けた年だったそうです。

番組では野村克也さんが「潰してしまった」と語っていますが、この時のことを回想しているのでしょう。

ですが、これだけの結果を出す選手であれば、監督としてはやはり使いたくなってしまいますよね。

スポンサーリンク

伊藤智仁の現在【消えた天才】野村監督がプロ野球史上最高と言った男

ItoTohohito7_pic

 

 

戦線離脱してしまった伊藤投手選手ですが、

2年間のリハビリを経て1996年に1軍復帰します。1997年には抑え投手としてカムバック賞を受賞するなど、ヤクルトの優勝にまで貢献するほどの活躍ぶりでした。

しかし1999年、2001年に方の手術を行うほど、怪我に悩まされた選手でもあるのです。

そして、2003年にファンから惜しまれつつも引退。

その後はヤクルトの投手コーチに就任し、2017年までの間ヤクルトを支え続けました。

 

気になる伊藤智仁さんの2018年からの活動ですが、

独立リーグの富山GRNサンダーバーズの

監督に就任することが決まっており、これからも野球に携わっていくことが分かっています。

 

約25年間、ヤクルトのユニフォームに身を包んだ伊藤さんですが、インタビューや写真を見ていても、

本当に野球が好きであることがよく分かります。

これからも野球を通してたくさんの人に影響を与えていってほしいですね。

まとめ

野村克也さんにプロ野球史上最高と言わせた人物、伊藤智仁さん。

その天才と言われた活躍と代名詞だった「高速カーブ」は今でも多くの野球ファンの記憶に残っています。

去年(2017年)で、25年にわたるプロ野球人生にピリオドを打ち、これからはまた違ったチームで監督として活動されるそうですが、

伊藤さんの下で野球ができる選手はきっと伊藤さんにしか語れない野球人生を学べるのではないでしょうか。

今後の活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク
シェアの際は下のボタンをお使い頂けます。